不倫による離婚

■調停離婚とは?
調停離婚とは、家庭裁判所に離婚調停の申し立てをして、調停の場で離婚に合意をして離婚する事です。当事者の協議で離婚の話し合いが整わないときや、当事者のみでは協議が困難なときなどに、夫婦の一方が家庭裁判所に離婚を求めて離婚調停の申し立てをすることができます。原則として、家庭裁判所に直接、離婚の訴訟を提起することはできず、先に調停をする必要があります。調停の手続きで、夫婦間で離婚の合意ができ調停調書に記載されると離婚が成立します。離婚する旨の調停が成立した場合、原則として、調停を申し出た者が市区町村役場に調停調書の謄本を添付して離婚を届け出ることで、戸籍上も離婚が記録されます。

■浮気相手に慰謝料を請求することができますか?
不貞相手が相手に配偶者のいることを知りながら、わざと肉体関係を持った場合、注意すれば相手に配偶者がいることを知ることができたにもかかわらず不注意で肉体関係を持った場合には、配偶者と不貞相手に対して連帯して慰謝料請求をすることができます。

■離婚の慰謝料は、どのような場合に請求できるの?
相手方の有責行為が主たる原因となって離婚に至った場合、離婚そのものの慰謝料を請求することができます。有責行為とは、不貞や身体的、精神的暴力、悪意の遺棄(生活費の不払い等)など、婚姻上の義務に違反することの行為のことを指します。

■離婚の方法は?
まず、夫婦間の話し合いによる協議離婚から始めていきます。夫婦間での話し合いがつかない場合には、家庭裁判所に離婚の調停を申し立てることになります。調停離婚では調停委員が間に入り、話し合いの成立により離婚することになります。離婚調停で話がつかないときには、家庭裁判所に離婚を求める訴訟を提訴することになります。裁判離婚では裁判官が事実を認定し、離婚を認めるか判断します。裁判の判決によらず和解で離婚することを和解離婚といいます。調停でわずかな意見の相違があるだけで話合いが成立しない場合には、裁判所が審判を下すことにより離婚が成立することもあります。これを審判離婚といいます。

■離婚したら親権は?
離婚時に未成年の子がいる場合、親権者は父母のどちらか一方に定めなければなりません。協議離婚の場合、協議により父母のいずれか一方を親権者として定め、離婚届けを提出します。親権者を決めることができなければ協議離婚はできません。話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所の調停で裁判官と調停委員のもと、離婚に伴って親権者を定めることができます。調停離婚の場合、家庭裁判所での調停離婚の際に親権者を定めます。子の年齢及び発達の程度に応じてその意思を考慮しなければならないとされており、家庭裁判所調査官による調査がなされることがあります。裁判離婚の場合、離婚判決において、裁判所の判断によって親権者が定められます。裁判所は、離婚訴訟で親権者指定の裁判をする場合、子が15歳以上のときは親権について子の意見を聴く必要があります。

浮気調査 横浜

前の記事

浮気調査は探偵に依頼するべき
浮氣調査 横浜

次の記事

不倫の慰謝料