不貞行為の証拠

配偶者の不貞行為を理由に裁判離婚の請求をする場合、請求する側は配偶者と不倫相手との肉体関係を確認または推認できる証拠が必要になります。裁判所では詐欺や詐称行為を防ぐため、不貞行為の証拠を厳しく制限しています。不貞行為の証拠が不十分な場合、憶測や推測ととらえられて、離婚請求を棄却され離婚が認められない場合もあります。協議離婚の場でも不貞行為の証拠を持たずに配偶者を追求しても嘘をつき通されてしまう可能性もあります。不貞行為の証拠がある場合とない場合では、離婚の際の慰謝料請求の有無や金額に違いが出てくるため、不貞の証拠はとても重要になるのです。

■不貞行為の証拠
裁判離婚に限らず、協議離婚においても、慰謝料や財産分与などを有利にしていくためには、不貞の証拠は必要なものになります。
・肉体関係が証明できる写真または動画
不貞行為の証拠として一番有力なのは写真や動画になります。配偶者が不倫相手と一緒に複数回ラブホテルに出入りしている場面は、肉体関係を確認でき推認できる証拠となりますが、2人で旅行している証拠や不倫相手の部屋に出入りしているだけの証拠だけでは肉体関係があることを立証するには不十分と判断されます。
・不貞の事実を認める内容を録音したもの
配偶者が不貞の事実を認めるような言葉を言った場合、それを録音することにより証拠と認められる場合もあります。
・メールやLINEの履歴
携帯電話やメール・LINEのやり取りで配偶者の浮気が見つかるケースが多いのですが、携帯電話やメール・LINEの履歴を見たまたは撮ったというだけでは、2人が交際していた事実は証明されても不貞行為の証拠にはなりません。不貞行為の証拠として認められるのは、肉体関係の確認または推認を確認できるような内容の証拠が必要になります。履歴だけでは状況証拠とされてしまいますが、状況証拠であるメールなどのやり取りを用いて配偶者が不貞の事実を認めた場合、メールなどでも証拠になります。その場合、調停や裁判ではメールなどの証拠をプリントアウトをして提出します。

■その他の証拠
・不貞行為が認めらえるメモや日記など
・不倫相手からのプレゼント
・不倫相手と宿泊したときのホテルの領収書
・不貞行為を裏づけるクレジットカードの明細
・友人・関係者・探偵事務所などの第三者による証言
など、一般的に判断した場合に不貞の事実が客観的に証明できるものになります。不貞の証拠になるようなものは、証拠として使用できる可能性もありますのでコピーなどしておくとよいでしょう。

浮氣調査 横浜

前の記事

不倫の慰謝料