浮気調査は探偵に依頼するべき

自分で浮気調査をするのは、とても難しいです。配偶者の浮気や不倫が発覚したときには、探偵事務所に浮気調査を依頼することをおすすめします。

■自分で浮気調査をすると
探偵の浮気調査は、尾行や張り込みをしながら証拠を撮影していきます。配偶者の事を尾行・張り込みすることは、顔を知られてしまっているためすぐにばれてしまう可能性があります。また、状況によっては証拠をおさえるまでに、とてつもない時間が必要になるときがあります。何日も尾行や張り込みをできる時間と体力があれば自分で調査をすることもできると思いますが、現実的には不可能だと思われます。

■自分で浮気調査をしたときのリスク
浮気調査をしていることがバレてしまったときに、それがきっかけになってしまって配偶者の心が離れてしまったり、逆切れされたり、より巧妙に浮気するようになってしまうケースがあります。自分で尾行をしたり、スマホを勝手に見ることは、しない方がよいでしょう。

■浮気相手の情報を知りたい
配偶者の浮気が発覚すると、浮気の真実だけでなく浮気相手の事を知りたがる方が多くいらっしゃいます。知らない人の事を自分で調べるのは、素人にはとても難しい事になります。浮気相手も調べたい場合には、プロの探偵に依頼するしか方法はないでしょう。

■離婚や慰謝料請求で使用できる証拠
配偶者の浮気や不倫が発覚した場合、離婚や慰謝料請求などの法的な手段を検討している方がいます。話し合いで解決すれば問題ないかもしれませんが、話し合いで解決しなかったときには、調停や裁判といった手続きに進みます。法的に不貞の証拠と認められる、勝てる証拠をつかむにはプロの探偵の調査が必要になってきます。

■浮気をしている配偶者から突然離婚を切り出されたら
配偶者の浮気が発覚してしまい、どうすればよいのかわからないまま、見ないふりをして放置していても状況は何も変わりません。それどころか、浮気をしている配偶者の方から離婚話を切り出してくるというケースもよく耳にします。あなたは何も悪くないのに、逆に慰謝料を請求されたり、突然離婚届けを突き出され、あなたが不利な状況を作り出されてしまう恐れがあります。配偶者の浮気や不倫が発覚したときは、早めに不貞の証拠をおさえておく事をおすすめします。

■不貞の証拠をおさえておくと
・相手に反省をさせてやり直す方向へ話し合いができる
・慰謝料請求ができる
・離婚を選択できる
など

浮気や不倫を理由に離婚をすることにしても、やり直すにしても、証拠がないことには話を進めることができません。浮気の放置は状況の悪化に繋がるのでやめたほうがいいでしょう。配偶者の不貞の証拠をつかみたいときは、探偵事務所に一度相談をしてみることをおすすめします。

浮気調査 横浜

前の記事

浮気・不倫で悩んでいる
浮氣調査 横浜

次の記事

不倫による離婚